日時の制約に要注意

地元のお祭りの時に挙式する可能性がある


国内外の観光地で結婚式を挙げる人は少なくありませんが、国内で結婚式を行う場合、イベント時でなければ挙式を受け付けていない場合もあるため、日時の制約に注意しましょう。昔ながらの古きよき町並みを生かして結婚式をはじめとしたイベントを開催する自治体は、少なくありません。場所によっては国の登録有形文化財となっているところもあります。特別に場所を提供して希望の日時に行ってくれる場合もありますが、大抵は地域のお祭りの時に結婚式を行うよう、要請されることがありますので、事前に確認しましょう。イベントの時には多くの観光客をはじめ、地域の人に祝福されて結婚式を上げることができるため、親族・友人たちを含め、都合をつけてもらうことが重要といえます。

地域によって希望通りの日時で挙式が可能


海外からの観光客が訪れる定番の観光地の場合、土日になると結婚式が行われることが多いところもあります。挙式を挙げる人や、結婚写真の前撮りをする人も少なくありません。人力車で2人一緒に走ることも多いといわれており、挙式を行う場合、日時の制約を受けづらいといわれています。屋形船で披露宴を行えるプランもあるため、和の挙式・披露宴を行いたい人には最適といえるでしょう。スポットによっては観光客からの祝福を受けながら挙式を行える場所もあるといわれていますので、前もって確認してから申し込んでください。特に神社仏閣での挙式を希望する場合、既に予約が入っていることが多いため、予約できる日時を確認してから申し込みましょう。